ADoc(アドック)建診協東北支部
INDEX
ご案内
調査診断
長期修繕計画の策定
改修設計
コンサルタント業務
設計監理
建物保全プログラム
保全システム
特殊建物定期報告システム
活!改修
電子ファイリング業務
会員の皆さまへ
セミナー案内
お申込み・お問合せ
HOME
ADoc(アドック)建診協東北支部
賃貸住宅向 簡易保全システム“活!改修”
アパート長期修繕計画
バブル崩壊後、景気低迷が続く中、「スクラップアンドビルド」の時代は終わり、今こそ所有することの「辛さ」や「責任」が問われています。

建物には、主な箇所である外壁、屋根、鉄部塗装、給排水管などの老朽化防止の為に、大規模修繕工事が必要になります。これを行うためには、計画的に修繕費用の積立を実施しなければなりません。そこで、長期に渡っての修繕計画を立て、修繕にかかる費用の月々の負担額(積立金)を算出することで、現在の積立金の見直しを計ることができ、老朽化しつつある建物を建て替える、または無秩序な過剰修繕などといった「やらなくていい修繕」、「やらなくてはいけない修繕」の見極めをすることができます。

当システムは、「長期修繕計画」に基づく大規模修繕工事を行う為の「概算費用」をベースに、「長期修繕費用」を算出するものです。このシステムを基に、今後の対応策を見いだすことができます。
【修繕積立金について】

・修繕歴の有る項目は、修繕年からの耐用年数で算出します。
・修繕歴の無い項目は、統計的なデータの耐用年数をベースに算出します。
お届けする成果品は、ご提出頂いた「調査票」に記載されたデータに基づいて、計算した結果です。 なお、算出された修繕工事の「概算費用」は、「長期修繕積立金」を算出する為のもので、実際の工事発注額とすることはできません。その際には、専門家による正確な現状把握をする必要があり、その上で、状況に応じた工事費を積算する事になります。
一般的な建物そのものの耐用年数
鉄筋コンクリート 45年
鉄骨鉄筋コンクリート 45年
鉄  骨  造 30年
木    造 30年
組  積  造 30年
このページの先頭に戻ります
  Copyright© 建診協 東北支部. All rights reserved.