ADoc(アドック)建診協東北支部
INDEX
ご案内
建診協とは
団体概要
沿革
パートナー事業概念
ノウハウの作り方
支部案内
調査診断
長期修繕計画の策定
改修設計
コンサルタント業務
設計監理
建物保全プログラム
電子ファイリング業務
会員の皆さまへ
セミナー案内
お申込み・お問合せ
HOME
ADoc(アドック)建診協東北支部
パートナー事業概念 建診協とは
長期を考えたら、ストック設計の時代結果診断から予備診断によるコストコントロール、適切な修繕計画、時代にあった新技術の導入など、あらゆる角度から建物ストックを良好に維持する技術を提供するパートナー事業です。
私たちの仕事は、問題が起こる前から考えていただきたいと考えます。問題が出てからの対処療法的治療は、高くつきます。 予備診断から始まる問題解決への糸口が、コストを長期に抑える始まりであり、パートナーシップまたはフレンドシップの始まりです。 また、なにをすべきかは両者の合意を基本とし、最良の選択をいつも出来るニュートラルな関係を維持する事で、最善の建物のストックがなされていくと考えます。 アドバイスというよりも、フレンドシップを大切にし、日本の良質な建物ストックを構築していくことが我々の提唱するストック設計です。
建診協のパートナー事業概念図
  Copyright© 建診協 東北支部. All rights reserved.